簡単に文字数を計測できる Chrome 拡張機能「 45to75 」

Chrome拡張機能45to75

Akira

福岡在住ウェブデザイナー。 WordPress のカスタマイズを、「見やすさ」と「使いやすさ」にこだわり紹介しています。

日本語の最適な一行の文字数は、 35 文字から 42 文字ほどと言われています。

見やすいサイトを作るためには、一行の文字数にこだわらなければなりません。

しかし、サイトを作っている最中に、いちいち「今、何文字かな?」と文字数を数えるのは非常に面倒です。

そこで私がいつも使っているのが、 Chrome 拡張機能の「 45to75 」。

テキストをドラッグで選択するだけで、簡単に文字数を計測できます。

テキストをドラッグし選択するだけ

「 45to75 」は、Chrome ウェブストアからインストールできます。

インストール後は、何も設定せずすぐに使用可能。

文字数を計測したいテキストをドラッグで範囲選択し、右クリックするだけと使い方は簡単です。

テキストをドラッグで範囲選択

右クリックをすると表示される「 Measure:41 」( 41 文字)が、範囲選択したテキストの文字数。

瞬時に一行の文字数を把握できます。

右クリックをすると計測した文字数が表示される

Simplicity のデフォルトでは、一行の文字数は最大 40 文字です。

しかし、サイトレイアウトを変更している場合には、文字数が多くなっている可能性があります。

一行が長すぎては、集中してテキストを読むのは困難です。

「 45to75 」を使用し、適切な文字数になるようにサイトレイアウトを決めてはいかがでしょうか。

この「 45to75 」の名前は、英語の場合の一行の文字数が 45 文字から 75 文字が最適だと言われていることから付けられています。