印象に残るグラデーションの見出しサンプル 10 個

グラデーションを使った見出しサンプル

Akira

福岡在住ウェブデザイナー。 WordPress のカスタマイズを、「見やすさ」と「使いやすさ」にこだわり紹介しています。

人を惹きつける見出しにしたいとご希望なら、グラデーションを使ってはいかがでしょうか。

あまり見かけない 10 個の見出しサンプルを用意しました。

HTML は、言及していない限り下記の単純なものです。

<h2>印象に残るグラデーションの見出しサンプル</h2>

グラデーションの色選びは、「色選びに迷ったら使いたいカラーパレットツール「ColorSpace」」をご参考ください。

単純に背景色がグラデーション

まずは最も単純な背景色がグラデーションの見出し。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 01

CSS はこちら。

h2 {
  background: linear-gradient(to right top, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  border-radius: 2px;
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

変形した見出し

グラデーションの背景色はそのままに、変形した見出し。形を工夫すると、子ども向けサイトからホラー系サイトまで幅広く使えます。 border-radius は奥が深い。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 02

CSS 。

h2 {
  background: linear-gradient(to right top, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  border-bottom-left-radius: 50px 20px;
  border-bottom-right-radius: 20px 80px;
  border-top-left-radius: 20px 40px;
  border-top-right-radius: 80px 30px;
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

背景画像のあるパララックスな見出し

グラデーションの背景色に加えて、背景画像も加えた見出し。パララックス効果で、視線を集めやすいのが魅力。 background の指定が長い。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 03

CSS 。

h2 {
  background: linear-gradient(to right top, rgba(156, 39, 176, .8), rgba(194, 31, 160, .8), rgba(222, 38, 143, .8), rgba(242, 58, 126, .8), rgba(255, 83, 111, .8)), url(画像のパス) center /cover no-repeat fixed;
  border-radius: 2px;
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

色相が変化する見出し

グラデーションの色相が、永遠に回転し続ける見出し。ただ、 filter に未対応の IE では色相が回転せず、ただのグラデーションに。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 04

CSS 。

h2 {
  animation: headline 8s cubic-bezier(.4, 0, .2, 1) infinite alternate;
  background: linear-gradient(to right top, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  border-radius: 2px;
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

@keyframes headline {
  100% {
    filter: hue-rotate(360deg);
  }
}

色の変化を抑える場合には、 hue-rotate の値を小さくします。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 04

CSS 。

h2 {
  animation: headline 3s cubic-bezier(.4, 0, .2, 1) infinite alternate;
  background: linear-gradient(to right top, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  border-radius: 2px;
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

@keyframes headline {
  100% {
    filter: hue-rotate(45deg);
  }
}

ゴリゴリな見出し

これまでのグラデーションの背景、背景画像、色相回転の 3 つを入れ込んだゴリゴリ系な見出し。背景画像と色相回転の組み合わせは、相性が抜群。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 05

CSS 。

h2 {
  animation: headline 8s cubic-bezier(.4, 0, .2, 1) infinite alternate;
  background: linear-gradient(to right top, rgba(156, 39, 176, .8), rgba(194, 31, 160, .8), rgba(222, 38, 143, .8), rgba(242, 58, 126, .8), rgba(255, 83, 111, .8)), url(画像のパス) center /cover no-repeat fixed;
  border-radius: 2px;
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

@keyframes headline {
  100% {
    filter: hue-rotate(360deg);
  }
}

非平行の見出し

下辺を斜めにした非平行の見出し。ただ、 HTML にラッパーが必要です。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 06

HTML 。

<div class="headline-wrap">
    <h2>印象に残るグラデーションの見出しサンプル</h2>
</div>

CSS 。

.headline-wrap {
  border-radius: 2px;
  overflow: hidden;
  position: relative;
}

.headline-wrap:after {
  background: linear-gradient(to right top, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  border-radius: 2px;
  bottom: 0;
  content: '';
  left: 0;
  position: absolute;
  right: 0;
  top: 0;
  transform: skewY(-3deg);
  transform-origin: top left;
}

h2 {
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px 51px;
  position: relative;
  z-index: 1;
}

ボーダーがグラデーション

グラデーションにできるのは背景色だけじゃない。ボーダーもシンプルでいい感じ。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 07

CSS 。

h2 {
  border-image: linear-gradient(to right, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f) 1/0 0 4px 0;
  border-style: solid;
  color: #212121;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

CSS を 1 箇所だけ変更すれば、上下のボーダーに。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 07

CSS 。

h2 {
  border-image: linear-gradient(to right, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f) 1/4px 0 4px 0;
  border-style: solid;
  color: #212121;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

はっきりグラデーションのボーダー

グラデーションはグラデーションでも、色をはっきりと分けたグラデーション指定のボーダー。当サイトで使用中。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 08

CSS 。

h2 {
  border-image: linear-gradient(to right, #ff5252 40px, #12005e 40px) 1/0 0 4px 0;
  border-style: solid;
  color: #212121;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

ガーリー系サイトに合いそうなストライプ調も可能。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 08

CSS 。

h2 {
  border-image: repeating-linear-gradient(-45deg, #ff5252, #ff5252 2px, transparent 2px, transparent 6px) 16/0 0 6px 0;
  border-style: solid;
  color: #212121;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
}

文字色をグラデーション

あまり見かけない文字色のグラデーション。目立つことは間違いなし。ただ、 IE では文字ではなく背景色がグラデーションになります。なので、 color も指定するのがおすすめ。サイトによっては、 IE を無視するのも選択肢の 1 つ。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 09

CSS 。

h2 {
  background: linear-gradient(to right, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
  -webkit-background-clip: text;
  -webkit-text-fill-color: transparent;
}

色相回転を組み合わせても面白い。

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 09

CSS 。

h2 {
  animation: headline 8s cubic-bezier(.4, 0, .2, 1) infinite alternate;
  background: linear-gradient(to right, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  color: #fff;
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
  -webkit-background-clip: text;
  -webkit-text-fill-color: transparent;
}

@keyframes headline {
  100% {
    filter: hue-rotate(360deg);
  }
}

スクロールで背景色が変わる見出し

見出しが見える範囲に入ると、グラデーションの背景色が変わるアニメーション。ただし、 filter 未対応の IE では色が変化しません。また、今回ご紹介する方法だけでは、 AMP で表現できません。

(見出しが画面内に入ってから 160px スクロールした地点で、背景色が変化します。ただし、 AMP でご覧になっている場合には変化しません。)

印象に残るグラデーションの見出しサンプル 10

CSS 。

h2 {
  background: linear-gradient(to right top, #9c27b0, #c21fa0, #de268f, #f23a7e, #ff536f);
  border-radius: 2px;
  color: #fff;
  filter: grayscale(60%);
  font-size: 24px;
  line-height: 34px;
  padding: 27px 24px;
  transition: .3s cubic-bezier(.4, 0, .2, 1);
}

h2.headline-animation {
  filter: grayscale(0);
}

JavaScript 。

( function() {
    const headline = document.querySelectorAll( 'h2' );
    
    const observer = new IntersectionObserver( function( entries ) {
        entries.forEach( function( entry ) {
            if( entry.intersectionRatio > 0 ) {
                entry.target.classList.add( 'headline-animation' );
            } else {
                entry.target.classList.remove( 'headline-animation' );
            }
        });
    }, {
        rootMargin: '-160px 0px',
    });
    
    Array.prototype.forEach.call( headline, function( animation ) {
        observer.observe( animation );
    });
})();